ダラム志織さんのアメリカ、ネイル事情

先日、当サイトでレポートした、アメリカで活躍中のダラム志織さん。

現在のアメリカのネイル事情を教えてくれました。

「昨年アメリカのコンテストの年間チャンピオンを頂いて、今は時々アメリカの雑誌や企業さんのお仕事をしながら、サロンワークをしています。

私は今美容系のテレビ番組の撮影でハリウッドに滞在しています。

アメリカの美容業界はとにかく目立つことやメッセージ性が大事なので、皆さん作品がすごく個性的で派手です。

人と違う事をするクリエイティビティが高い人が評価されるという世界で、日本人の感覚だとすごく変わって見えたりするものが評価されたりするのでとても興味深いです。

一般のアメリカのネイルサロン事情は、前と少し変わってきていて、一昔前はベトナム系、韓国系の移民のネイルサロンが多くアートをする人は少なかったのですが、今はインスタグラム等でネイルアートが流行っているので、おしゃれな人が多い都市部(ロサンゼルス、ニューヨーク)ではアートができるネイリストに人気があります。

なので安い、早い、シンプルの移民系ネイルサロンと、アートができるネイルサロンの二極化しています。

せっかくアメリカにいるので、今後も、色々吸収して帰れたらと思っています。」

志織さんの前回のレポートはこちら。

http://nail-journal.jp/column01

そしてこちらは志織さんのサイトです。

https://www.shiori-nail.com

アメリカで活躍している志織さん、次回のネイルレポートも楽しみですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る